オフィスレイアウトをデザインする目的とは

オフィスレイアウトをデザインすることは、その会社や組織が抱えている問題を解決するための手段としてとらえ、専門の施工業者やデザイナーに依頼する会社が年々増加しています。



そもそもオフィスとは仕事場であり、社員が会社の業績向上を目指して作業を進める場所です。

@niftyニュース

かつては、その作業場で様々な意見交換が交わされ、社員間のコミュニケーションを図ることができていましたが、事務作業のIT化が進み、いつしか会話もなく黙々と作業をする場所に変貌してきました。

その結果、ひとつの作業に集中する環境としては良いのですが、活気がなく大胆なアイディアが出にくい環境になったのも事実です。

そこで、今までの事務室の概念を捨て去り、コミュニティー空間としてのオフィスレイアウトのデザインを要望する会社が増えてきています。


例えば、必要に応じてすぐに打ち合わせができるよう、オフィスの中央に大きなデスクを設置するオフィスレイアウトを導入した会社があります。


中央デスクの周りには個人のデスクはありますが、仕切りがないため打ち合わせの内容を誰もが共有することができます。
これまでは、会議は密室で行うものとされていましたが、この発想を覆すことにより、社員が会社の方向性を共有することに成功した好事例です。
このように、今までの慣習にとらわれずに、会社や組織に何が必要なのかを明確にしてオフィスをデザインすることが大切です。

そして、会社の実績向上につながっていくことが重要なのです。

オフィス移転の知りたかった情報がきっと見つかります。

top